ゲームトピックス

【Switch】『Ministry of Broadcast』 亡命への道、壁の向こう側にある自由とは…

 

こんにちは、でぃーご(@games_de_go)です。

 

GWも後半に入り、そろそろ生活リズムを戻していかなければなりませんね。

 

さて、本日ご紹介するゲームはNintendo Swtichでダウンロード配信されます『Ministry of Broadcast』についてご紹介します!

 

・突如現れた壁が主人公と家族を引き離した

・家族と再会する為、テレビ番組「ウォールショー」で勝ち抜き自由を目指す

・残酷なトラップが待ち受ける、2D横スクロールアクション

 

でぃーご
でぃーご
ストーリー性が高そうなゲームですね!

 

『Ministry of Broadcast』

タイトル Ministry of Broadcast(ミニストリー・オブ・ブロードキャスト)
メーカー PLAYISM
プラットフォーム Nintendo Switch
発売日 2020年5月7日
価格 1,480円(税込)

 

『Ministry of Broadcast』とは

Ministry of Broadcastは、ジョージ・オーウェルの小説「1984年」とリアリティショーを組み合わせた、ストーリー性の高い横スクロールアクションゲームです。その世界はダークなユーモアや皮肉、そして管理社会というもののバカらしさに満ちあふれています。

~ ストーリー ~

国を分かつ壁が一夜で建てられたかのように突如出現し、ある男を家族から引き離した。家族に再び会うために、主人公である赤毛の男は政権が放送するテレビ番組「ウォールショー」で勝ち抜き、壁の向こう側、自由の世界を目指そうとするが…

ショーが進むにつれ、主人公は政府とショーの主催者が何を求めているのかに気づいていく。

約束された「自由」とは、自分の求める「自由」ではないのかもしれない…

出典元:Ministry of Broadcast

 

でぃーご
でぃーご
なかなか闇が深そうなストーリーですねぇ

 

手に汗握る!シネマティック横スクロールアクション

本作は古典的な2D横スクロールアクションゲームです。

難しい操作は一切なく、走る、ジャンプといった基本的なアクションで構成されています。

しかしどうやら、ただ走ってジャンプするだけでは済まないようです。

本作で主人公が挑戦するテレビ番組「ウォールショー」には様々なトラップが仕掛けられているとのこと。

例えば高所からの落下は勿論、溶鉱炉に落下や棘に刺さってしまうことも…

 

フィールドに設置されたトラップを回避しながら進んでいくのが本作『Ministry of Broadcast』の流れになります。

 

でぃーご
でぃーご
ちなみに主人公のやられ方は全部で30種類以上あるそうですよ(笑)

 

画面に映る情報すべてがヒントに

アクションゲームなどプレイすると、画面上にプレイヤーの体力ゲージやフィールドマップが表示されてるのが大半だと思います。

しかし『Ministry of Broadcast』ではそんな情報は一切ありません。

しかし、フィールドを攻略するための情報はすべて画面上に組み込まれており、なんとなく進んだ道にもヒントが隠れている可能性があるという事です。

トラップを回避するのに必死になるのに対して、フィールドの背景などにも注意して進んでいかなければなりません。

 

でぃーご
でぃーご
アクションだけではなく、パズルゲームとして頭も使いそうだね

 

「靴」を集めながら進んでみよう

Ministry of Broadcast』には隠し要素としてフィールドのどこかに「靴」が隠されています。

「靴」を多く集めながらエンディングをむかえると、隠されたエンディングを見ることが出来るようです。

もし、余裕がある方は靴にも着目してフィールドを進んでみてはいかがでしょうか。

 

おわりに

今回は『Ministry of Broadcast』のご紹介でした。

2Dアクションでありながらストーリー性が非常に高そうなゲームとなってますね。

Steamでは既に配信されていますが、Switchで初めてプレイされる方は、ストーリーのネタバレになる可能性もあるので深くは見ないほうが良いかもしれません。

主人公が待ち受けるのは一体なんなのか、非常に楽しみですね。

以上、でぃーご(@games_de_go)でした!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です